川崎学園 創立50周年記念誌
144/244

食育の取り組み 子どもたちの五感を刺激するおいしい給食を目指し、自園調理による完全給食を実施。専門の管理栄養士が食事バランスや食物アレルギーに留意しながら、「旬の食材」「おいしさ」「食器」「献立」への“4つのこだわり”で、すべての園児に安全でおいしい給食を提供。子どもたちはいろいろな食材を食べることができるようになり、成長に向けた体づくりを行っている。142すべての園児に安全でおいしい給食を生涯にわたる知の基盤をつくるために感動する心を基盤に、観察力、洞察力、判断力の基礎を培い、経験したことや自分の考えを表現する力と遊びを通した学びに向かう力を育むために、子どもたちが興味を持って参加できる、さまざまな取り組みを行っている。3歳児と4歳児の園外保育大好きなドクターヘリを見学ふるさとの森で園外活動「ふるさとの森」での自然体験はドキドキがいっぱい子どもたちの知的好奇心が育まれるポーチュラカの植栽〈8月〉駐車場のロータリーの花壇でポーチュラカの苗植え体験〈9月〉大きく育ったポーチュラカに大喜び給食室行事食「お月見ランチ」現代医学教育博物館見学聴診器で心臓や肺の音を聞く体験をしている子どもたち給食参観

元のページ  ../index.html#144

このブックを見る