川崎学園 創立50周年記念誌
87/244

Since 193川崎医科大学総合医療センター85医療に係る安全管理のため、スタッフの医療の安全に関する意識づけ、業務を安全に行うための技能の向上等を目的として、医療安全に係る基本的な事項および具体的な方策、院内感染対策、医薬品・医療機器の安全使用について、全職員を対象とした職員研修を実施している。新人看護師や初期臨床研修医1年を対象に、スキルラボにおけるシミュレーターを用いた実技研修、人工呼吸器・除細動器・生体情報モニタ研修、輸液・シリンジポンプ研修を年度初めに実施している。また、新規購入機器の導入にあたっては、安全かつ適切に取り扱えるよう、該当部署のスタッフを対象にMEセンターにおいて勉強会を開催している。職員研修ロボット支援下内視鏡手術(ダヴィンチ)ICLS認定コース輸液・シリンジポンプ研修特定の専門看護分野において熟練した看護技術と知識を有した専門看護師、認定看護師、特定行為実践看護師との連携により、質の高い看護を提供している。特定行為実践看護師等

元のページ  ../index.html#87

このブックを見る