Time travel ~歴史を感じる懐かしいモノ~

川崎学園創立50周年を記念して、卒業生から寄せられた想い出の一品、写真をご紹介します。

〔提供者〕川崎医科大学 昭和52年度卒 J.Tさん

  • 川崎学園祭「Music Festival」
    のチケット
  • 学園祭で荒井由実と上田正樹のライブが
    開催されました。
    (1975(昭和50)年 第1回川崎学園祭)
  • *カワサキトリビア* 
    其の壱  ―川崎学園祭―
    開学の1970(昭和45)年、「第1回 川崎医科大学大学祭」が開催されました。
    その後、1975(昭和50)年からは「川崎学園祭」に名称を変え、学生・教職員が一体となって企画し、祭りを盛り上げています。

    こちらのライブチケットは「第1回 川崎学園祭」のときの貴重な逸品。荒井由実時代のユーミンさん上田正樹さんのライブという、今では想像できないほど豪華な顔合わせの上、チケット代がまさかの500円です。

    ちまたでは、川崎学園祭でライブをしたアーティストは必ず大ヒットを飛ばして売れるといわれており(先見の明あり!)第1回からその歴史は始まっていたと言えますね。
  • 想い出の写真
  • 当時は空前のボウリングブーム。
    ボウリング部では、
    早朝から練習をしていました。
    (1976(昭和51)年 サンフラワーボウルにて)
  • *カワサキトリビア* 
    其の弐  ―サンフラワーボウル―
    医科大学から徒歩10分の場所にある「サンフラワーボウル」には、おそらく川崎学園の教職員、学生のほとんどの人が一度は足を踏み入れたことがあるのではないでしょうか。

    教職員ボウリング大会の開催や学生グループ、趣味の仲間などで日頃から楽しませていただいています。

    こちらの写真から、1970年代にはすでにサンフラワーボウルが存在していたということがわかります。
    川崎学園とともにサンフラワーボウルも長年にわたって、地域に愛され親しまれてきたということですね。