かわさき 夏の子ども体験教室 2019KAWASAKI SUMMER CHILDREN EXPERIENCE CLASSROOM

ライフサイエンスのふしぎ

抽選結果を 7月11日(木)に投函し、応募された方全員に、郵便でお送りいたしました。

たくさんのご応募ありがとうございました。
1,300名を超えるご応募があり、抽選となりました。

郵便がお手元に届かなかった方へのお知らせ

  1. お申し込みの際に「申込みを受け付けました(自動配信)」メールがお手元に届いているのに、郵便が届かない場合は、ご連絡ください。その際、必ずメールにある「受付番号」をお知らせください。
  2. お申し込みの際に「申込みを受け付けました(自動配信)」メールがお手元に届いていない場合は、申込みが正しく受け付けられておらず、申込み自体できておりませんので、ご了承ください。

お問合せ先 ご質問などは、メールまたは電話にて・・・

TEL:
086-462-1111(代)
E-mail:
taiken@med.kawasaki-m.ac.jp
※電話によるご質問の受付時間:月~金曜日10時~16時、土曜日9時~12時
日曜、祝日、6月1日(学園創立記念日)、12月29日~1月3日(年末年始)は、お休みです。

選に漏れた皆様へのお知らせ(通知は「はがき」です。)

キャンセル等による繰上げ当選は、抽選時に確定しております番号順となります。個別のお問合せにはお答えできませんのでご了承ください。

当選者の皆様へのお知らせ(通知は「封書」です。)

  1. 都合で参加できなくなった場合は、必ずご連絡ください。
    たくさんのお子様が落選されました。キャンセルのご連絡をいただければ、繰上げ当選で参加していただけます。
  2. 参加についての詳細は、当選通知に同封のお知らせをご確認ください。

気象に関する中止について

当日午前7時 倉敷地区(倉敷市、総社市、早島町)に暴風警報が発令されているときは、当日の行事をすべて中止します。(延期開催はいたしません)
中止の場合は、このページにお知らせを掲示いたします。参加者への個別の連絡はいたしませんのでご了承ください。

- 開催の趣旨 -
小・中学生に、災害救助の体験、手術の模擬体験、医師・看護師体験、病院見学などを通じて、医療・福祉に携わる喜びを体験してもらい、医療・福祉への興味・関心を高め、将来の学びへのモチベーション向上を図ることを目的としています。

主催:川崎医科大学
※川崎医科大学を中心として、学校法人川崎学園の各施設、現代医学教育博物館、川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センター、川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、川崎リハビリテーション学院、大学事務局が参画し、学園全体で協力して取り組んでいます。

日時

令和元年8月20日(火)・21日(水) 9:00~15:15

両日、同じ内容で開催

参加費

無料
※参加者には、修了証書と記念品をお渡しします。

定員

各日80名、2日間で160名

  • お子さま1人につき1名(18歳以上の方)の付き添いをお願いいたします。
  • 3歳~6歳(就学前)の臨時託児所を設けます。
    (希望される方は、6月10日にこのページに掲載される「申込フォーム」からお申し込みください。)
  • 0歳~2歳は同伴不可。
  • ※「参加にあたっての注意事項」を必ずご確認ください。

内容

午前の部

講演1

「赤(あか)ちゃんのパワーを知(し)ろう」(小学5・6年生、中学1~3年生対象)

講師
川崎医科大学 産婦人科学1 教授
川崎医科大学附属病院 産婦人科 部長
下屋 浩一郎(しもや こういちろう)
講演2

「ほねのおはなし」(小学1~4年生対象)

講師
川崎医科大学 手外科・再建整形外科学 特任教授
川崎医科大学附属病院 整形外科 部長
長谷川 健二郎(はせがわ けんじろう)
見学
   
ドクターヘリ ※救急出動で見学できない場合があります。
ドクターカー
臨床教育研修センター
栄養部
中央検査部
患者図書室
※見学場所、滞在時間はコースによって異なります。

昼食

※体験参加者および、付添いの方には、軽食をご用意しております。
※コースにより、昼食時間帯が異なります。

午後の部(各コースからお選びください)

Aコース応急(おうきゅう)処置(しょち)をやってみよう

20名(小学3~6年生、中学1~3年生)

講師
川崎医科大学 救急医学 准教授
川崎医科大学附属病院 救急科 副部長
井上 貴博(いのうえ たかひろ)

災害救助体験をやってみよう。だれかを救えるヒーローになろう! いざという時のための応急処置、心配蘇生などを勉強し、災害現場での救助活動を実際にやってみよう。

Bコースあなたも外科医(げかい)になってみよう

20名(小学5・6年生、中学1~3年生)

講師
川崎医科大学 消化器外科学 准教授
川崎医科大学附属病院 消化器外科 副部長
鶴田 淳(つるた あつし)

さあ、いつもよりもっとカッコいい君になっちゃおう!腹腔鏡手術でゲームをしたり、実際の器具を使って簡単なオペを体験できるよ。令和のスーパードクターを目指そう!!

Cコースあなたも看護師(かんごし)になってみよう

10名(小学5・6年生、中学1~3年生)

講師
川崎医科大学附属病院 看護部 部長
平松 貴子(ひらまつ たかこ)

手洗い体験、赤ちゃん人形をお風呂に入れる、カルテを作る(体温、脈、血圧測定)、包帯を巻いたり注射器にさわったりして看護師の仕事にチャレンジしてみよう!
※付添いの方に患者役になっていただきます。

Dコースからだのしくみをみてみよう

30名(小学1~4年生)

講師
川崎医科大学 病理学 教授
川崎医科大学附属病院 病院病理部 部長
川崎医科大学 現代医学教育博物館 副館長
森谷 卓也(もりや たくや)

からだの中を観察したり、からだの音をきいて、からだ博士になろう!

お問合せ先

TEL:
086-462-1111(代)
E-mail:
taiken@med.kawasaki-m.ac.jp
※電話によるご質問の受付時間:月~金曜日10時~16時、土曜日9時~12時
日曜、祝日、6月1日(学園創立記念日)、12月29日~1月3日(年末年始)はお休みです。