川崎学園 市民公開講座


2018/9/8 第5回「肺の生活習慣病」高齢者が聞いてためになるお話 ―健康寿命を延ばすために―

COPDとは、肺気腫や慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患をあらわす総称です。これらの病気は主にタバコが原因と考えられており、そのため「タバコ病」あるいは「肺の生活習慣病」とも呼ばれています。今回は、COPDの症状や治療、そして呼吸に役立つケアの方法やリハビリテーションについてお話しします。

  • 【第8回】2019/1/12 テーマ:みんなで支える在宅医療・介護
  • 【第9回】2019/2/9  テーマ:生活習慣の改善が肝臓寿命を延ばす
  • 【第10回】2019/3/9 テーマ:骨粗鬆(しょう)症による骨折を防ぐ -川崎医科大学の取り組み-