川崎学園 市民公開講座


2018/6/16 第3回「ロコモ」高齢者が聞いてためになるお話 ―健康寿命を延ばすために―

ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の通称で、骨や関節、筋肉などの運動器の衰えにより、歩行や立ち座りなどの日常生活に支障を来たしている状態のことをいいます。進行すると要介護や寝たきりになるリスクが高まるロコモ。 今回は、ロコモを防ぐため、また、皆さまの健康寿命を延ばすためのお話です。

  • 【第6回】2018/10/13 テーマ:介護予防 -はつらつとした老後をおくるために-
  • 【第7回】2018/11/10 テーマ:心不全 -高齢社会の医療問題-
  • 【第8回】2019/1/12 テーマ:みんなで支える在宅医療・介護
  • 【第9回】2019/2/9  テーマ:生活習慣の改善が肝臓寿命を延ばす
  • 【第10回】2019/3/9 テーマ:どうする認知症?