地域貢献REGIONAL CONTRIBUTION

連携協定

2017/11/21連携協定

赤磐市と包括連携協定締結 川崎学園

赤磐市と川崎学園は、11月21日(火)、医療・保健・福祉を中心に防災・地域振興等を含めた広い分野において相互の連携を強化し、双方の資源を有効に活用した活動を推進するため、包括連携協定を締結しました。
 赤磐市役所で行われた協定書の締結式では、友實武則市長と川﨑誠治理事長との間で協定書が取り交わされました。友實市長は「赤磐市は岡山市と隣接しており、以前より川崎医科大学総合医療センターでは、健康管理、病気治療のため市民がお世話になっている。今回の協定締結を機に市民の生活、健康管理そして、医療だけでなくさまざまな分野、保育や健康行政に大きく力になっていただき市民に安心感を与えていただくことになる」と述べられました。また、川﨑理事長は「医学・医療福祉の多方面分野の人材を養成して地域に送り出している。また、病院では救急医療のみならず、大学病院として高度な医療を提供できる病院として赤磐市民の皆様の期待に応えられるように頑張っていきたい。 赤磐市と包括連携協定締結 川崎学園 この度の協定を機に、地域のニーズを共有し、赤磐市の健康福祉の発展のために学園が貢献できればと考えている」と挨拶されました。
 川崎学園が行政機関と包括連携協定を締結するのは、倉敷市、総社市、備前市、岡山市に次いで、5番目となります。